「店」を作ることにした。

お店を作ることにしました。

50年間、いろんな店でいろんなものを食べたり飲んだりしてきました。まあ、それだけならどこの誰でも同じことで、ワタシだってこんなことを思い付かなければ、どこそこはウマイとか、どこどこのサービスはイマイチだとか、そんなことを言いながら自分の気に入った味の店や、居心地のいい場所を見つけて暮らしていたと思います。

ところがここ何年か、人前でギター弾いたり唄ったりといった音楽活動をするようになって、いわゆるライブハウスなどに頻繁に通うようになったら、店に対する考え方がちょっと変わったのです。それは“店”というスペースが単なる飲食の場を超えて、自分の遊び方を大きく左右したり、人と人が出会う場所であることを知ったからでした。しかもいい店、いい人の出会いがあると、そんなこんながいい方向に影響し合って、遊びがより大きくなったり、出会いがさらに広がったりするんですよね。

東京や横浜、そして茅ヶ崎にも、いろんな店があって、いろんな個性があります。もちろんどこのお店の人も、音楽が好きで、人が好きなことに変わりはないわけです。でも、いろんな店に行き、いろんな店で演奏し、いろんな店で多くの人たちと知り合っているうちに、なんだか自分も、お店を作りたくなってしまったのです。

そして先日、音楽を楽しむのにピッタリの空き部屋を見つけてしまいました。それが千載一遇のチャンスだったのか、あるいは単にいつもの早とちりたったのか。それがわかるのは、まだ少し先のことになると思いますが、とりあえず物件が見つかっちゃったことを神のゴーサインだと勝手に解釈して、準備不足は重々承知しつつ、走り始めることにしました。

というわけで、みなさん、こんなちょっとオバカなプロジェクトですが、よかったら温かく見守ってやってください。あ、場所は茅ヶ崎駅の北口から歩いて4分ほどのところです。