大工さん的には、ほぼ完成!?




建具一筋60年!!の職人さんがドアを取り付けています。おお、とうとうドアが付くのかあ。どんな感じになるんだろう、なんて思いつつちょっと別のことをしてたりすると、気が付いたらもうガラスもはまって取っ手も付いて、ほとんど完成しちゃってたりするのでした。
そして夕方、床を覆っていた養生が剥がされ、簡単に掃除されて、明日はクリーニングの業者さんが来るそうです。そう、とうとう工事的には“ほぼ完成”まで来ちゃったようで、あとは“後始末”的なことを残すのみ、ってな気配。働いてきた男たちの顔にも、なんとなく開放感が浮かんでいる……ような気がします。ホントにそうなのかどうかは知らなくて、あくまでも横で見ててそんな感じだな、とか思ってるだけです。(^^;;
しかし大工さんたちの仕事が終わったら、こんどはこっちの作業が本番です。ガスの接続や検査も終わったし、ちょいとしたハプニングはあったものの無事に保健所の検査も合格しました。これからしばらく、さらに忙しい日々が続きそうです。

てなわけで、かなり片付いた空間はこんな感じです。ステージ(?)では、脚立がスポットライトを浴びてかっこよく屹立しています(笑)。まもなくここでは、いろんな音楽が、いろんな人によって唄われ、演奏されることになるんだなあ、なんてことを考えてたらしばらく眺めていたくなって、とりあえず近所の店で弁当買ってきて、こんな空間でメシ喰ってみました。(^^;;