8月8日。「30分一本ライブ」開催。

投稿日:


どんどん本格的になってきた「30分一本ライブ」も、今夜で3回目。出演者のみなさんもコッソリ、あるいはおおっぴらに練習したりして、気合いも十分。今夜は遅めの9時スタートでした。出演されたみなさん、お越しいただいたみなさん、本当にありがとうございました。来月は、おそらく(笑)9月12日の、やっぱり第2金曜日です。よろしくお願いします。
※詳細なレポート(?)は“続きを読む”でどうぞ。



トップに登場してもらったのは、オクラホマ・スタンピードというカントリーバンドを主宰もしている「ばんます」さん。いつもはエレキギターですが、今夜はアコースティックギターで弾き語りです。そもそもソラで唄えるレパートリーが300曲からあり、ほっとくと朝まで唄っているという強者。今夜はフォークっぽい曲や比較的ポピュラーな曲からスタートし、でもウィリー・ネルソンなどのカントリーソングにだんだん移行して、最後は十八番、Collin Rayeの「Love me」でしたね。



二番手は、「EAST COAST NORTH BAND」のおふたり。エントリー名はMURACCHI & AYAKOだったのですが、急遽ユニット名ができあがったそうな。バンド名は、茅ヶ崎にお住まいならピンとくるように、ふたりが住んでる住所そのもの(笑)。ハイトーンなMURACCHIのボーカルに、ウッドベースを弾きながらコーラスするAYAKOちゃん。曲はEASTならぬウエストコーストロックから日本の古いフォークまで。お客さまや別バンド出演者(笑)をゲストにDAWGなどもきっちりキマってました。



本日のトリとなったのは、KOICHI UNITのおふたり。ビートルズやポール・マッカートニーの曲からサイモン&ガーファンクル、そして日本語のバラードや20年前のオリジナルソングまで、バラエティに富んだ選曲とKOICHIさんの伸びやかなボーカルがこのユニットの持ち味。OGATAさんもコーラスはもちろんリードも歌うし、バイオリンも実にいい感じで絡んできます。また最後の何曲かは、ワタクシもベースでお手伝い(足引っ張り)させていただきました。(^^;;;



もちろんミニライブの終わったあとは、今夜のお客さまもステージに登場して弾いたり唄ったり。最後はバンド間を超越してJAM大会となったのでした。