9月12日。「30分一本ライブ」開催。

投稿日:


第2金曜恒例となった「30分一本ライブ」は、今夜で4回目。今夜も常連バンドと新しく参加してくれたバンドで、賑やかに開催されました。出演されたみなさん、お越しいただいたみなさん、本当にありがとうございました。来月は、きっと(笑)10月10日の、やっぱり第2金曜日です。また、今夜も前回同様、9時スタートでしたが、やはり金曜はこのくらいの時間からでないとスタートできないようですね。なので9時から11時まで30分×4枠をライブタイム、それ以外の時間をいつもと同じ“みんなのステージ”タイムにしたいと思います。また、エントリー時に時間枠を決めちゃいたいと思います。よろしくお願いします。
※詳細なレポート(?)は“続きを読む”でどうぞ。



最初に登場していただいたのは、「Lehua」のおふたり。ハワイの溶岩の地に咲く真っ赤な小さな花の名前をバンド名にした、女性ふたりのユニットです。今回はサポートで、NAOさんが12弦ギターとコーラスで参加。比較的ポピュラーなハワイアンなどを中心に、きれいなコーラスに加えて、なんとフラまで楽しめる、ステキなユニットでしたね。



続いて登場したのは、まだバンド名が仮名のままの「PINK GRASS」。そう、写真見ておわかりのように、ワタクシが参加するユニットです。元々、エントリーが少ないときに”当て馬”としてワタクシの名前を入れてたのですが、今回はメンバー増えちゃって引っ込みつかず(?)「30分一本ライブ」初登場となりました。(^^;;



先月はKOICHI UNITというユニット名でしたが、さらに発展して「FRIDAYS」というバンド名になったおふたり。なんとBOTCHY BOTCHYで知り合い、一緒に遊んでいるうちに誕生したバンド、第一号なのです。今日もポップスから日本語のバラード、そして20年前と最新のオリジナルソングまで、ハイトーンボーカルとキレのいいバイオリンで魅せてくれました。また、ワタクシのベースも、もしかしたら恒例化!? (^^;;;



そしてトリは「EAST COAST NORTH BAND」のおふたり。前回も紹介したように、バンド名はおふたりが住んでる住所そのものだったりします。今回は、滋賀県の音楽イベントに参加する途中に立ち寄ってくれたギタリストのお友だちと一緒に、ブルーグラスやロック、日本の古いフォークまで、伸びやかなボーカルと幅のあるサウンドで届けてくれました。


もちろんミニライブの終わったあとは、出演者以外のお客さまもステージで弾いたり唄ったり、バンド間を超越して急造ユニットを組んでみたりで、第2金曜の夜は賑やかにふけていったのでした。