8月10日。今夜は、とにかく拓郎の夜、なのです。


閉店時間過ぎても賑やかな今夜だったのですが、なぜかステージはおひとりだけ。そんなわけで今夜はだれがなんと言っても、拓郎の夜だったのです。