12月27日。なんと今夜は英語縛り!?


お客さまに英会話学校の先生と生徒のみなさんがいらっしゃったので、英語の歌を唄われていたら、なんとなく他のお客さまも英語の歌が唄いたくなって、そんなわけで今夜のBOTCHY BOTCHYは、まるでフォーク酒場ならぬPOPS酒場!? そんなわけでもちろんミニライブも、英語の歌が中心だったのでした。
あ、もちろんBOTCHY BOTCHYはもともと、フォークだろうが歌謡曲だろうが演歌だろうが、ロックだろうがジャズだろうがポップスだろうがボサノバだろうが、自分が好きな音楽を自由に歌える店なのです。基本的なルールは、ナマの音楽である、ということだけです。