3月17日。ジックリ唄えた日曜日の夜。

まあ、お客さまの少ない夜は、ゆっくりいっぱい唄えるという、当たり前の話なのです。誰かと一緒に、セッションみたいなことができるのも、そんな夜ならでは、ですね。